まずは簡単なダイエットをご紹介!

世の中の女性の多くが、自分の体型に不満を持っているといわれています。 頑張ってダイエットをしようにも、途中で頓挫してしまう女性は多くいます。



お手軽!生姜炭酸水ダイエットとは?

そんな女性の間で楽に痩せることができると話題の簡単ダイエット方法があります。それは、ショウガ炭酸水ダイエットというものです。
この簡単ダイエット方法は、文字通り、炭酸水にショウガを加えて飲む方法です。
ショウガ炭酸水の作り方は、おろし生姜と無糖炭酸飲料を混ぜるだけです。

生姜炭酸水が効く理由1
なぜショウガ炭酸水がダイエットに良いかというと、まず炭酸水には満腹効果があるからです。
炭酸水を飲むと、人間の胃の中で炭酸ガスを発生させます。炭酸ガスの力によって自然と胃が膨らんでいきます。
そのため、脳の満腹中枢が刺激されて満腹感が得られます。よって、普段の食事での食べ過ぎを防ぐことができます。

その他にも、炭酸水を飲むことで、血中の二酸化炭素濃度をあげることができます。
そのため、体内の血行が促進されることで体の代謝を促進できます。よって、体内のエネルギーを消費しやすくできます。

生姜炭酸水が効く理由2
また、ショウガにも高いダイエットに効果があります。
まず、ショウガは漢方では体を温める食材として知られています。
よって、血行を促進してくれるので、おのずと新陳代謝を高める作用があります。
なので、炭酸とショウガのダブルの効果で痩せることができます。

生姜炭酸水ダイエットの方法は?

この簡単ダイエットの実践方法は、ただ食前に飲むだけです。
毎日の朝食、昼食、夕食などの食事の10分前にたっぷりと飲めば良いです。
事前にショウガ炭酸水を飲んで食事をすることで、満腹感を得ることができます。
よって、自然と食べる量を減らすことができます。なので、ダイエットに欠かせない過剰な食事制限や激しい運動なども必要ありません。
その他にも、入浴前にショウガ炭酸水を飲むのも効果的です。
というのも、炭酸水には発汗促進作用があるので、入浴時に血行を促してたくさんの汗をかくことができます。
簡単にできるダイエットなので、女性の方は試してみるといいです。

やっぱり基本は食事?低炭水化物ダイエット

特にカロリー制限は設けないでできる低炭水化物ダイエットは、健康的に痩せることができる方法として人気が高まっています。 間食はしませんが、1日食しっかりと食べることができるのも、低炭水化物ダイエットの良いところです。



朝食レシピ:和食

低炭水化物ダイエットの朝食レシピでは、具だくさんの味噌汁にごはん、納豆に低脂肪牛乳と、朝からしっかりと食べることができます。
具だくさんの味噌汁のレシピは、鍋に大根やだし汁、しいたけや油揚げを入れて、10分煮ます。
最後にみそとほうれん草を入れて、軽くひと煮立ちして出来上がりです。ごはんの量は、100gです。納豆は、栄養がたっぷりです。

朝食レシピ:洋食

これは和食メニューの例ですが、洋食のメニューもあります。
献立としては、何もつけない食パン1枚に目玉焼き、野菜をたくさん入れたスープと、低脂肪牛乳です。
レシピは、目玉焼きを作り、味付けは塩と胡椒にします。サラダオイルは少し使います。
スープに使用する野菜は、食べやすくカットします。深めの鍋に、キャベツや玉ねぎ、ベーコンやコンソメ、水を入れて煮ましょう。
10分くらい加熱したら、塩コショウ、好みでトマトを入れて少し煮たら出来上がりです。

必要な心構えとは?
心構えとしては、主食である炭水化物の量を守ることです。
1日3食、炭水化物も食べることができます。1回分の食事で食べられる炭水化物の量は決まっています。
コメであれば100です。少しかために炊くと、食べごたえがあります。
ミニサイズのおにぎり1個分の量ですが、よく噛んで食べると満足感が出てきます。
洋食のメニューでは、食パンを食べることができます。
食パンは6枚切りを選び、1切れを何もつけないで食べることができます。
全く炭水化物を食べないのではなく、少なめですが食べることができますから、ストレスにもなりにくいです。
ダイエットをしているあいだは、おやつなんかの間食はしません。
また、夜の20時すぎではなく、その前に夕食は済ませましょう。

今話題のキャビテーションのよくある疑問

キャビテーションの費用と効果:ウエスト

エステティックサロンなどでおこなわれているキャビテーションは、液体の運動で液中が圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象を利用した痩身施術のことを言います。キャビテーションをおこなうと脂肪が溶けやすくなりますので、揉み解して排出していくことによって太ももやウエストなど気になる部分をシェイプアップさせる効果が期待されています。

血行やリンパの流れが悪いと脂肪の間にある細胞間質液に老廃物がたまりムクミなどの原因にもなってしまいます。脂肪細胞などに余分な水分や老廃物がたまってしまうと、揉み解していくのが難しい頑固なセルライトとなってしまいます。脂肪が付きやすいお腹周りや太ももなどに付いている脂肪をキャビテーション施術で脂肪を溶かしていったら、リンパマッサージなどを一緒におこなって体の外に排出させていきましょう。

脂肪を揉み解しながら排出を促すことができ、血液の循環をよくする効果のあるエンダモロジーをおこなうことも相乗効果があります。キャビテーション施術によって溶かされた脂肪は少しずつ体外へと排出されていくのですが、施術から4日間くらいは特に脂肪が燃えやすい期間だとされています。汗や尿などで排出していくために水分補給をおこなうようにしてください。

キャビテーションが注目されている理由として、メスなどで切開をするような手術ではなく切らない脂肪吸引だということが挙げられます。キャビテーション施術は、心臓に疾患がある方やアレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎、糖尿病、肝機能疾患、椎間板ヘルニア、高血圧などの場合は施術をおこなうことができないとされています。その他にも生理中の方や妊娠中、出産直後で授乳をされていらっしゃる方なども控えるようにしてください。施術をおこなう前にはカウンセリングがおこなわれますので、相談するようにしてください。キャビテーション施術は、ウエストや太もも、腹部以外にも、背中や二の腕ふくらはぎなどにもおこなうことができます。

フェイス部分や首、脇の下や手、ひざの裏など脂肪が少ない箇所や骨が近い部分には施術をおこなうことができないとされています。施術直後は血行がよくなっているため赤くなることがありますが、火傷をする心配や痛みを感じてしまうような心配はありません。キャビテーション施術は、メスで切開するような手術のようにダウンタイムもなく施術を受けやすいためおすすめされています。

参考:キャビテーションは生理中でも受けられる?